chickenfoodの手記

ジャンルはなんでも コメあると嬉しいです

【雑】東京に引越すことになっちゃった

こんにちは

なんか昨日は急激に熱くなって今日また温度が低く戻るという温度差で脳がバグりそうです。

 

とまあタイトルの話に戻すと東京行くことになりました。就職先が東京だったってこと
これから急いで住む場所探して準備しないといけない感じですね。
少し余裕があれば手順とか残せたらいいなぁ~とは思ってるんですけど難しいかもしれない。。。

 

東京行くのは数年ぶりでイベントの行きやすさにワクワクと最近なにかと物騒な都市ではあるので不安が結構あったりします。あと九州や関西方面にしかないお店がなかったり、物価の違いに中々悩まされそうなのが難点ですね。

それでもやっぱ首都の位置なだけあって東北方面への旅行のしやすさが格段に上がったのでこれからは九州付近のみならずそっちの方にも行くかも…(五島列島早めにいけばよかった…)
まあ東京にずっといるわけでもないだろうし、九州の実家中継地にすれば行きやすい方ではありますかね。

 

とまあいきなりやること一杯ですがのんびり準備していこーと思います。
進展あればまた適当に・。・ノシ

【雑】最近の色々とか

いつの間にか前の更新から2週間弱が過ぎようとしていた...

っとまあいつものならアニメの記事でも書こうかなって思っていたのですが今季あまりグッっと来るアニメが余りなくて書くことなかった次第です。
1~2話ほどちょくちょく見て一気に冷めてしまって今季は友達とウォッチパーティしてる「佐々木とピーちゃん」と「魔法少女にあこがれて」しか見ていない始末。
そもそも第2クールが多かったり、漫画読んでてアニメ見てみたけど別に漫画でいいなって思ったりとオリジナルアニメの方もそもそも1話すら見れてないと不甲斐ない。
なので今季はほぼスルーして気になった奴は全部その後まとめて見ることにします。

今季おススメあったら教えてくれると助かります;;

今見てる主なアニメ

代わりといっては何ですが実は今劇場版公開中の傷物語を見るために!
物語シリーズをちょくちょく進めております。放送順で見ていて今は鬼物語が終わったあたりですね。学生の時に化物語とセカンドシーズンの一部をちらちら見ていたのですが余り理解できず投げ出していたんですよね。まああんな見方が理解できるはずもなく…

さて、友人に西尾維新の大ファンがいるので自然と中途半端に知識だけは付けていたのですがいざ最初から全部見直していると本当に面白い。本筋の話も面白いのだが、一瞬だけカットが入る声は入っていない小説の内容の会話が入ることがしばしばあり、その内容が結構個人的に面白い。そのせいで恐らく西尾維新の小説を今後買う可能性が大きくなってしまった。言葉遊びがね本当に心地がいいくらいに良い。恐らく苦手な人は苦手だろうけど好きな人はマジでハマるレベルで好きになれる。そんな作品だったというか今そんな感じ。物語シリーズ以外は読んだことないがファンタジー要素も多いため話メインの作品としてじゃなくても普通に面白い。あとそもそもキャラが本当にいい、微妙だなって思ってたキャラにはちゃんと理由があって後で好きになったキャラもいたりする。
※話メインだと「波よ聞いてくれ」は割とおススメ

 

とまあ劇場版の公開から6週間ほどたっていてそろそろ見に行かないとやばいのでどっかでアニメの方は区切りをつけて見に行こうと思ってます。

 

 

ゲーム関連

新しいのだとBlazBlue Entropy Effectとか触ってたんですけどEntropy 100が余りにもむず過ぎて投げてしまってます。誰か攻略情報求

あとはまだやってないとかが多いのであんまり書くことないかも~

 

とまあ一旦こんな感じの更新でおわり

【パルワールド ver0.1.4.0】プレイ時間100時間のざっくり感想

適当に記事作ろうと思ってとりあえずプレイしてたパルワールドをネタにします。
プレイスタイルはプライベートの身内のみでわいわいするスタイルです。
PVP要素がほぼ現在は無いため。
攻略情報は基本全員見ない状態でやってます。SNSに流れてきたものくらい(ボスキャラ捕まえるとか)

良さは多分他の人がいくらでも言ってそうだから多分悪い点多めの文になりそす。

 

ざっくり感想(プレイ時間100時間)
先に結論からいうと現在の価格であれば価格分は楽しめると思う。今後も期待できる。
ただし、ゲーム性はいいとしてもゲームとしてのクオリティは低い(アーリーアクセス)
ボリュームは正直少ない、後ろから30,40時間くらいはもう厳選するためにダラダラしてた。
ただそれこそ最初の30,40時間くらいはワクワクも多く凄い楽しかった。しかし中身全体の状態や仕組みを理解してきた辺りから一気にコンテンツの消化が加速していって現在あるものは粗方終わったので残りが厳選しかないという状態。(特殊個体探しは考えてません。花の色が違うとか)
後はARKやってみたいけど難しそうで触れられなかった人には特におススメできる。あっちより相当分かりやすい。
注意に近いんだけど攻略情報見ながらやってた人マジですぐ飽きると思うよこれ

 

とりあえずこんな感じ。
個人的にいえば購入されてる数ほど面白くボリュームがあるかと言えば無い。現に今もまともにプレイしてる友人は7人中自分も覗いてたまに厳選してる一人のみになっている。分裂しちゃってる別の鯖の方ももう別げーしか触れてないです。


また、これはジェットランの一つの厳選例ですがここら辺まで作ると割とモチベが削がれてくる。他に攻撃モリモリも作ったけどジェットランは移動用にするのが一番かもしれない。

ただし、今後のロードマップには期待が出来そうな内容は多く含んでいるため無数のバグとこれらの内容が実装されるというのであれば相当面白くお買い得なゲームにはなる可能性があると思われます。

 

悪かった点羅列してく

勿論糞だなって要素も結構多くて例えばAIがお粗末すぎる点。今のところ全てではないですがジェットランやグレイシャルはなどはハメ技が身内情報だけですぐに見つけられるような状態になってます。あと多くの敵が引き打ちを繰り返していると一定の近さで技と撃とうとしてくるため側に近づくまで攻撃を行わずノーダメで勝てます。

拠点づくりに関しては1ギルドにつき3個までで少ないかも、家もオブジェクトの兼ね合いで色々作りづらい。ここはやってみたらわかる。段差やマップに存在する大きなオブジェクトの付近で拠点を作ってはいけない(戒め)

あと途中からは定期的な単純作業が多い。ここは好き嫌いはっきりするから良し悪しという点ではないが決まったところを常に往復するような状態に後半は特になりやすい。

後は属性異常強すぎ問題、開始1時間ほどで相手が50レベルだとしても毒弓使い始めてレベル10でも毒弓と火弓の両方を200個用意してれば自分がいくら低レベルでも倒せる。属性異常は耐性がついていくけどそれでも一回毒か燃やせばその都度最大HPの約10%弱消えてく。ただし、自分の身が守れないとダメなので基本ライド出来る奴(可能なら飛べて足が速いパッシブ持ち)がないと死ぬ可能性あり。それでも相当ヌルゲー化してる。一つの戦法として捉えるかダメなシステムと捉えるかは個人次第ではある。

パルを作業させて色々自動化させていくって売りだけどここら辺の要素が意外と薄い。
結局大事な素材は自分の手で取りに行って、それを自分の手で炉に入れる。完成品も自分が回収して目的のものをやっと作るみたいな流れ。一部の一次産業はパルが一生生産してくれるけど二次産業はプレイヤーが必須だったりと結局はプレイヤーが一番働いてる気がする。

悪いとこばっかりいうのも疲れるのでこのくらいにします。

 

最後にもっかいまとめると
とりあえずは各種の致命的なバグ直して貰ってアップデート全部実装されれば相当楽しいことは間違いないと思います。ゲーム性だけは面白い部分をしっかり盗んでいるので面白いです。問題は完成度(アーリーにしてもちょっと致命的なものが多い)。
手放しじゃ絶対褒められないけど面白いか面白くないかで言えば面白いって言えるゲームでした。

【アニメ】花咲くいろは全部見た

こんばんは

今チャリティー配信中の『花咲くいろは』を見てきました。
アニメから劇場版まで見れるのでまだ見れてない人はこの機会にいいかもですね。

 

ひとまずアニメで区切って軽く感想書いた後下に劇場版を見た後の感想とか書こうかなって思ってます。

アニメ(全部26話)まで見た感想

周りの人達を巻き込んだ成長譚って感じが合ってるのかな。タイトルを利用するとすればまだまだつぼみの主人公たちが花咲くまで力をつけていく、または花咲かせるまでのお話って感じかも。

先に言っておくと割と最終話の業務日誌渡すシーンで少しうるっときちまいました。永遠に続きそうで続かない、そんな少し儚く寂しげに映る喜翆荘から所々成長したなって感じる御花の台詞や気持ちの数々を聞いているといい最終話だったって思えましたね。

色々対比となるようなセリフやシーンが多くて余計御花の成長を感じられますね。最初は「私は現実主義、ドラマチックにあこがれる」と言ってたけど、最後は「ドラマは一人一人が織りなすもの!」みたいな感じで最初は都会という場所とかを理由にしてつまんないと言っていたけど最後は自分自身が作り出す、本気でやる、目標を決めるなど色々見えてきているようでした。途中よく女将さんとぶつかり合って直接指導してもらっていた賜物かなとは思います。彼女だけが女将さんを除いて途中から"お客様のために"を貫いてましたしね。

にしても御花が来なければ今後大丈夫だったのかな?って思えるような人物もちらほらいましたけど何とかいい方向に向かっていたようで良かったなぁと。正直ミンチは御花にある程度打ちのめされるくらいの出来事が無ければもっと他の人と拗れたりして取り返しのつかない状態とかなってそうでひやひやしました。小説家の人もそうだし、若旦那も…

にしても流石のP.A.WORKSやなって感じの作品の雰囲気の良さね、曲もnano.RIPEという今となっては結構アニメ業界なら有名なバンドの一つだとは思いますが本当に作中にマッチしてるしOPのムービーの疾走感がたまらない。自分は人衰のOP「リアルワールド」で初めてnano.RIPEを認識しましたが、個人的に作品に提供してる曲全てがマッチしていて思い出に残りやすい曲が本当に多い。リアルワールドなんか当時子供で親の車乗っていた時ラジオで流れてたりしてましたからね。尚更テンション上がっちゃう。

 

少し脱線してきたので文化祭でオムライス無限に食わされてる御花を差し込みます。

 

とまあ話を戻しますが個人的には御花みたいなガツガツいう性格凄い好きです。抱え込んで裏で陰口言うタイプが苦手な反面もありますが、うるさくても元気にしっかり話せる子は魅力的ですね。勿論常識も多少しっかり備えてますしね。

エロさで言えば奈子が最強です。

奈子のエロさは異常

正直奈子以外ではそこまでお色気シーン的なものは水でぬれるくらいばかりだった気がするんですけど奈子だけはマジでエロイ自分は大小で言えば小さい派ですが

奈子はエロい

本当にそう思った。特に最初小説家が飛び降り自殺未遂したとき助けに行った奈子は勇敢でカッコよく、エロかった。是非未視聴の人は無料配信中だから見てきて欲しい。ついでに話全部ね!

 

とりあえず早くこれ書いて劇場版見たいので一旦アニメ版のみはここまで

---------------

 

劇場版視聴後

基本的にアニメの補完や掘下げでしたね。確かにアニメ版だけだと御花の母親である皐月はちょっとだらしなくて喜翆荘が嫌で都会に飛び出したってくらい(一応色々あった匂わせくらいの描写はあった)だったのが今回皐月の結婚相手がカメラマンでどういった経緯で家を飛び出していっていたのか、実は御花と同じ気持ち悩みを抱えていたことや誤解が少しずつ解けていた描写があって凄くいい補完のお話だったなと思います。にしても2世代揃って早く未亡人になっているのは少し悲しいですね。しかし、女将も皐月も負けられないといった気持ちで輝いていた描写は凄く良かった。

 

 

まとめ

とまぁ色々触れてない人物は色々いるんだけど、御花は本当にすげぇよ。正直やらかすトラブルメイカーではあるけど、反省して考えて考えて考えて自分なりの答えを出して成長していく姿は見ごたえがある。一回16話くらいまで見てから1カ月くらい期間が空いてからの一気見だったから正直前半の話は多少穴空いてるけど、見ていてずっと飽きないのは話の構成がいいのかキャラに魅力があるのか曲がいいのか様々な要因があって自分には今回細かいことは分からなかった気がするが「いい作品だったな」とは素直に思えたのでこれは人に勧めたいですね。

 

後個人的にOP1とOP2の対比がかなり好き

1期は下の画面から喜翆荘にズームしていく、

2期は喜翆荘からズームアウトしていく


丁度1期の終わりころには御花は喜翆荘でやることに生きがいや目標など仲間も出来ていて喜翆荘の一員になったって感じのところだったのでこの

1期は喜翆荘に来ました(ズーム)
2期は喜翆荘の一員でここから始めるとかおもてなしを提供する(ズームアウト)

みたいな感じで勝手に解釈しててアガってました・。・

 

 

といった感じでもう遅いので寝ますノシ

【アニメ】楽園追放-完全新作劇場アニメーション『楽園追放 心のレゾナンス』制作決定

ついさっきSNSを覗いていたら久しぶりに楽園追放の公式垢からツイートが来てました。

 

 

軽く以前楽園追放を見た時の感想

楽園追放は数年ほど前に家でたまたま見かけてみただけですが見終わった後少しぼーっとしてしまうくらいには「おぉ…」って感じになれる作品でした。加えて続編の小説の方は読んでません・。・

とまぁ確か3D技術を用いた作品だと記憶しているのですが、2014年の当時では相当な挑戦だったものだと思いましたね。最初は慣れない3Dモデルの動きでしたが結構慣れるもので声優もくぎゅだったりそもそも主人公の人のアンジェラが可愛い、あと

ケツ

あれ見るだけでも価値あるよ。
冗談に近いけどマジでそう、あとストーリー自体は今の時代で見れば秀逸ってほどではないかもしれないが演出と演技力,BGM,テーマ曲と全体的に完成されてる。
特に自分がこの作品で一番凄いって思ったのはロボットの戦闘シーン。ここは冗談無しで一度は見て欲しい。マジでテンションが上がるくらいには動いてて「うおおおおお!」ってなる。

 

また、お気に入りの曲は何といっても主題歌の「EONIAN-イオニアン-」これが本当にいい曲でずっと定期的に聞いてる。訳あってアンジェラと行動を共にするディンゴが作中でも歌うんだけど、どんどんスルメのように味が出てくる。

作品を見終えた後は既にあなたの思い出の一つの曲になっているであろう…

 

後は余りネタバレもしたくないから限りなく少なくするけど本当に感情豊かなアンジェラ可愛いから見て見ろ見てください。

 

ということで色々期待をしてしまう楽園追放の劇場版が決まったってお話でした。

【アニメ】花咲くいろはとか凪のあすからがまたyoutubeで無料配信中らしい

凪のあすからは今週末1月21日まで

 

花咲くいろはは未定らしいです。
石川県が舞台の作品で今年に入ってすぐ起きた震度7地震におけるチャリティー配信という形で無料配信中となります。

花咲くいろははまだ半分超えた辺りまでしか見てないので多くは言えませんがどちらとも人間臭さやそれを踏まえた成長だったりが見られるいい作品だと思うので是非週末とかにおススメです。

チャリティーについては配信先の動画にてスパチャが出来るみたいでコメント欄が色とりどりになってましたね。200円から出来るみたいなので余裕のある方はご検討してみてはいかがでしょう。

 

ということで今日は終わり・。・

【アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術師~ DX】とりあえず1周してきた ネタバレ有

どもどもまた更新に日が空きそうになってました。
年明けの筋肉痛はもう完治しております^^;


今回はサボってたというよりもちょっとやることと、アーシャのアトリエ...これをちょびちょび進めてたんですよ。先日黄昏シリーズを全部買ったんでね!!

なんで黄昏シリーズかというと今はライザがアニメ化しましたがずっと興味持ってたアトリエシリーズで当時唯一アニメ化してたのがエスカ&ロジーですんごい雰囲気好きだったんですよね。なので黄昏!!

 

ということで今回1周してきた足跡と感想適当に書いていきます。

続きを読む